神戸大学医学部保健学科・大学院保健学研究科

神戸大学医学部保健学科・大学院保健学研究科

メニュー

大学院保健学研究科
Kobe University Graduate School of Health Sciences

HOME > 大学院保健学研究科のミッション > パブリックヘルス領域

パブリックヘルス領域

本領域は地域社会を基盤とした医療・保健システムを開発、実践しかつ健康課題の解明に取り組み、また、国際的観点から緊急に対応しなければならない医療や保健に関わる諸問題やその要因を研究する、多職種からなる融合領域です。

グローバルな視点で総合保健医療が実践できる日本・アジア双方向型高度医療専門職、国際社会の多様な問題を克服できる医療・保健・公衆衛生・感染症を専門とするグローバルリーダーを養成し、国内外の健康課題を探求する保健学実践研究拠点となることを目指します。

地域保健学分野(保健師コース含む)

概要

疾病や障害を持ちながら地域で生活している人々を支援し、地域全体の健康づくりを推進するためには、最新の科学的知識はもとより、地域に居住する人々の生活実態に即したケアシステムを開発し展開する能力が要求される。

地域保健学分野では、人々が暮らすコミュニテイ全体の健康づくりを中心課題として、地域社会を基盤とした医療・保健システムの開発とその実践に関する研究を通して、地域保健システムの開発や政策化に必要な高度で総合的な専門的知識を持った人材を育成する。

健康科学分野

概要

健康科学分野においては生活習慣病を中心とした疾病の予防、高齢者の健康維持を目的に食事・運動・睡眠などの様々な生活習慣を科学的に深く分析することにより、健康維持に役立つ新しい知見を明らかにしていきたいと思っている。すなわち「科学的根拠に基づいて新しく健康をデザインする」そのような分野である。さらにそのようにして得られた健康維持に関する知見を元に新たな健康プログラムを作成し、地域に展開していきたいと考えている。

国際感染症対策分野

概要

本分野は、ウイルス学、細菌学、寄生虫学、臨床医学、病理学を専門とする研究者により構成され、最新医学の先駆的研究を利用して、流行地の感染症発生状況の把握や調査、感染制御対策、病原体検査、ワクチン開発や新薬探索などの分野における技術革新に貢献する先駆的な研究を行う。世界的規模の優れた学生を惹きつける卓越した教育の場を提供している。

国際保健学分野

概要

国連やWHOが掲げる"Health For All"や"Universal Health Coverage"を実現するためには、国際保健の視点が欠かせません。新興感染症や災害や環境問題は国内に閉じておらず、物や人の移動を通して容易に世界中に広がります。一方では、国際労働移動等に伴って慣れない自然環境や異文化の中での生活を強いられる人々が増加し、異文化間でのプライマリケアの提供も大きな課題となっています。こうした現状の中で国内外で展開している研究を通して、フィールドや臨床の現場での問題発見や実際の問題解決のための活動に取り組んでいる分野です。

ディプロマ・ポリシー カリキュラム・ポリシー カリキュラムマップ 前期課程PDF カリキュラムマップ 後期課程PDF 単位と履修例
地域保健学
健康科学
国際感染症対策
国際保健学