神戸大学医学部保健学科・大学院保健学研究科

神戸大学医学部保健学科・大学院保健学研究科

メニュー

医学部保健学科
Kobe University School of Medicine Faculty of Health Sciences

HOME > 医学部保健学科 > 作業療法学専攻

作業療法学専攻

我が国の医療・保健・福祉施策は、世界の情勢に伴って、個々の人権の尊重と自立支援という方向に変化しています。作業療法士は、これらの分野において活躍が期待されています。そのおもな役割は、医学の知識を十分に有したうえで、対象者の持つ作業特性を理解し、環境や個人因子を配慮した治療技術と支援を提供することです。

作業療法に要請されることは、対象者の病期に応じた機能障害の回復、生活手段の獲得、社会復帰への支援などの作業療法技術です。さらには対象者を中心とした、関連職種との優れたコーディネート能力も必要とされます。

作業療法の対象は、身体障害、発達障害、精神障害、老年期障害など適応範囲は広く、働く場所も医療(病院)、保健(保健所等)、福祉施設、地域(学校、デイサービス等)、行政、企業と領域が拡大しています。さらに、大学院教育の拡充とともに研究機関もその対象となります。

このような時代の要請に伴って、本作業療法学専攻が目指す教育指針は以下の通りです。

  • 高度専門作業療法士の育成;各分野における高度の専門的知識と技術を有した人材を育成する
  • 優れたコーディネーターの育成:各分野におけるコーディネーター能力を有した人材を育成する
  • 教育機関の指導者の養成:優れた学生を育成することのできる教育者を養成する
  • 研究者の養成:基礎および臨床分野などのあらゆる分野において、世界に通用する学際的な研究ができる研究者を養成する
ディプロマ・ポリシー カリキュラム・ポリシー カリキュラムマップPDF 平成27年度以前入学者の履修要件(卒業要件)PDF 平成27年度以前入学者 作業療法学専攻専門科目 履修体系表PDF 平成28年度以降入学者の履修要件(卒業要件)PDF 平成28年度以降入学者 作業療法学専攻専門科目 履修体系表PDF