神戸大学医学部保健学科・大学院保健学研究科

神戸大学医学部保健学科・大学院保健学研究科

メニュー

コース紹介
Course descriptions

HOME > コース紹介 > 助産師コース

助産師コース

助産師コースについて

神戸大学では、2016年より助産師教育を大学院修士課程において行っています。保健学研究科看護学領域のディプロマポリシーにある「人間性」、「創造性」、「国際性」、「専門性」を身に着けた高度専門職者としての助産師を養成します。

助産師は、プレコンセプション期、妊娠期、分娩期、産褥期、育児期において、女性とパートナーシップを築き、自律した判断と技術に基づいて必要なケアを提供し、予防的措置や異常の早期発見、必要に応じた救急処置を実施します。さらに、人々の生涯における「性と生殖にかかわる健康と権利」の教育を通して、家族や地域社会に広く貢献することが求められます。

これらの科学的根拠に基づいた助産師としての臨床実践能力に加え、研究基礎力を修得することを通して、多角的かつ批判的に物事をとらえ、将来の助産学の発展に寄与できる人材を育成します。



助産師コースで取得できる資格と学位

助産師コースでは、以下の資格と学位が取得できます。

  • 助産師国家試験受験資格
  • 受胎調節実地指導員 申請資格
     兵庫県で申請の場合:https://web.pref.hyogo.lg.jp/kf17/jutaichousetsu.html
  • 新生児蘇生法(専門コース)認定申請資格
    https://www.ncpr.jp/index.html
  • 修士(保健学)


  • 神戸大学における助産師教育の特色

    神戸大学医学部附属病院の総合周産期母子医療センターの医師、助産師、認定看護師と連携し、実習だけでなく講義と演習においても協力関係を構築しています。NCPRや産科救急事例などの異常発生時の対応に関する演習も充実しています。また、神戸大学経営学研究科、神戸大学附属病院の医事課、経営企画課と連携して、産婦人科関連の診療報酬制度と病院管理の経営学的視点を学ぶことも教育カリキュラムに取り入れていることは、経済・経営に卓越した神戸大学ならではのユニークな点です。
    さらに、専門的知識と技術だけではなく、女性に寄り添う助産師としてのアイデンティティーを形成し、自律性を養うことを大事に考えています。そのため、地域の開業助産師の先生方とも講義や実習で連携しています。



    助産師コース教育課程

    助産師コース教育課程

    助産師コースカリキュラム

    助産師コースカリキュラム


    助産師コースの担当教員

    毎年6月に大学院オープンキャンパスを実施しています。領域別説明会では、助産師コース教員や在校生による説明や質疑応答の時間も取っています。ぜひ、ご参加ください。助産師コースに関するご質問は、下記の教員連絡先までお問い合わせください。

  • 藤田和佳子
  • 千場直美
  • 戸田まどか
  • 岩﨑三佳
  • 本岡夏子
  • 松井三明(パブリックヘルス領域)