安田 尚史(教授)Yasuda Hisafumi

安田 尚史(教授)
学位 博士(医学)
専門分野 医学、内科学
E-mail yasuda★med.kobe-u.ac.jp
TEL / FAX TEL:078-796-4511/FAX:078-796-4511
HP
神戸大学研究者紹介システム 安田 尚史

注意:各教員のメールアドレスは“@”マークを“★”にかえてあります



所属

所属領域(大学院)  パブリックヘルス領域
所属専攻(学部)   検査技術科学専攻

担当科目

【学部】
健康科学A、臨床生理学、生理機能検査学、臨床検査医学Ⅰ、総合画像診断学、画像診断解析学、老年期障害学、疾病の成り立ちと治療Ⅰ、疾病の成り立ちと治療Ⅱ、臨床生理学実習Ⅰ、臨床生理学実習Ⅱ、診断学総論、臨床医学総論、薬理学、地域医療学
【大学院】
生活習慣病・予防治療学特講Ⅰ、Ⅱ,ヘルスプロモーション学特講Ⅰ、Ⅱ、他

所属学会

日本内科学会、日本糖尿病学会、日本老年医学会、日本免疫学会、日本リウマチ学会、日本消化器病学会

メッセージ

ミクロな視点とともにマクロな視点を持って臨床や研究に従事することが重要であると考えています。1型糖尿病や高齢者に関連した研究を通じて、総合的、包括的視野を有する人材が育ち、超高齢社会における医療現場や研究の場で活躍してくれることを期待しています。

研究テーマ

1. 1型糖尿病の発症機構の解明と新規治療法の開発
2. 慢性炎症性疾患の基礎的研究
3. 高齢者糖尿病を中心とした生活習慣病研究
4. 認知症の発症予防と予知を目指した基礎および臨床研究

現在実施している臨床研究の情報公開

「GAD抗体ELISA測定キットの検討」研究(589-1)
「IA-2抗体ELISA測定キットの検討」研究(803)

社会活動

市民公開講座や健康科学セミナーなどを通じた市民の皆さんへの健康の啓発活動とともに、「神戸大学エキスパートメディカルスタッフ育成プログラム」(高齢者医療コース)(http://www.med.kobe-u.ac.jp/comed/index.html)のコースリーダーとして地域医療のリーダーとなるメディカルスタッフ育成に努めています。

主な著書

臨床検査データブック LAB DATA (医学書院)(分担執筆)
症例から学ぶ 高齢者の安全な薬物療法(ライフ・サイエンス)(分担執筆)
高齢者災害時医療ガイドライン(試作版)第2版(日本老年医学会)(分担執筆)
糖尿病カレントライブラリー⑥ 糖尿病の薬物療法(文光堂)(分担執筆)
遺伝子治療開発研究ハンドブック(日本遺伝子治療学会)(分担執筆)

主な論文

1)Yasui J, Kawasaki E, Tanaka S, Awata T, Ikegami H, Imagawa A, Uchigata Y, Osawa H, Kajio H, Kawabata Y, Shimada A, Takahashi K, Yasuda K, Yasuda H, Hanafusa T, Kobayashi T, Japan Diabetes Society Committee on Type 1 Diabetes Mellitus Research. Clinical and Genetic Characteristics of Non-Insulin-Requiring Glutamic Acid Decarboxylase (GAD) Autoantibody-Positive Diabetes: A Nationwide Survey in Japan. PLOS One 11: e0155643, 2016.

2)Seto H, Nishimura M, Minamiji K, Miyoshi S, Mori H, Kanazawa K, Yasuda H. Disseminated Cryptococosis in a 63-year-old Patient with Multiple Sclerosis Treated with Fingolimod. Intern Med 55:3383-3386, 2016.

3)Shimizu M, Yasuda H, Hara K, Takahashi K, Nagata M, Yokono K. The dual role of scavenger receptor class A in development of diabetes in autoimmune NOD mice. PLOS One. 9(10):e109531, 2014.

4)Yasuda H, Nagata M, Moriyama H, Kobayashi H, Akisaki T, Ueda H, Hara K, Yokono K. Development of fulminant Type 1 diabetes with thrombocytopenia after influenza vaccination: a case report. Diabet Med. 29(1):88-9, 2012.

5)Nakamura A, Hara K, Yomamoto K, Yasuda H, Moriyama H, Hirai M, Nagata M, Yokono K. Role of the mTOR complex 1 pathway in the in vivo maintenance of the intestinal mucosa by oral intake of amino acids. Geriatr. Gerontol. Int. 12(1):131-9, 2012.

6)Hara K, Yasuda H, Arai T, Miyoshi S, Kubokawa O, Mori H, Akisaki T, Kido Y, Yokono K, Akita H. A case of an elderly patient with slowly progressive type 1 diabetes who developed severe nonocclusive mesenteric ischemia without predisposing events. Intern Med. 51(9):1065-8, 2012.

7)Kushida S, Akisaki T, Yasuda H, Moriyama H, Hara K, Nagata M, Taniguchi M, Urakami K, Yokono K, Sakurai T. Usefulness of 18F-fluorodeoxyglucose positron emission tomography for diagnosis of asymptomatic giant cell arteritis in a patient with Alzheimer's disease. Geriatr. Gerontol. Int. 11(1):114-8, 2011.

8)Tai N, Yasuda H, Zhang L, Rodriguez-Pinto D, Yokono K, Wong FS, Sherwin R, Nagata M, Wen L. IL-10-conditioned dendritic cells prevent autoimmune diabetes in NOD and humanized HLA-DQ8/RIP-B7.1 mice. Clin.Immunol. 139(3):336-49, 2011.

9)Sasaki H, Yasuda H, Moriyama H, Nakamura A, Shimizu M, Arai T, Nagata M, Hara K, Yokono K. Acceleration of autoimmune diabetes in Rheb-congenic NOD mice with -cell-specific mTORC1 activation. Biochem Biophys Res Commun 408(2):306-11, 2011.

10)Yasuda H, Nagata M, Hara K, Moriyama H, Yokono K. Biguanide, but not thiazolidinedione, improved insulin resistance in Werner syndrome.J Am Geriatr Soc. 58(1):181-2, 2010.

11)Kishi M, Yasuda H, Abe Y, Sasaki H, Shimizu M, Arai T, Okumachi Y, Moriyama H, Hara K, Yokono K, Nagata M. Regulatory CD8(+) T cells induced by exposure to all-trans retinoic acid and TGF- suppress autoimmune diabetes. Biochem Biophys Res Commun. 394(1):228-32, 2010.