神戸大学医学部保健学科・大学院保健学研究科

神戸大学医学部保健学科・大学院保健学研究科

メニュー

大学院保健学研究科
Kobe University Graduate School of Heath Sciences

HOME > 大学院保健学研究科のミッション

大学院保健学研究科のミッション

基本理念

保健学は心身の健康や疾病・障害に関する教育と研究を通して,人類の幸福と社会福祉の向上に寄与する実践的学問である。心身の健康や疾病・障害は個人及び集団を対象として,身体的,精神的,社会的,倫理的側面から総合的に把握する必要がある。これが神戸大学大学院保健学研究科保健学専攻の掲げる総合保健医療(total health care)の基本理念である。

目的

幅広い教養,豊かな人間性と倫理性を共通基盤として,①総合保健医療を確立するために必要な独創性と創造性を備えた研究者,②豊富な臨床経験とリサーチマインド,統率・管理能力を備えた高度医療専門職者,③臨床能力,研究能力,教育能力を備えた大学教員,④コミュニケーション能力や多文化理解能力を備え,国際保健を推進する高度医療専門職者を養成することである。

到達目標

上記の理念と目的を達成するために,5年間の博士課程を一貫したものとして捉え,博士課程前期課程と博士課程後期課程における到達目標を以下のように設定する。 博士課程前期課程では,臨床実践能力,直面する問題を多角的に分析する能力,問題の解決に必要な研究能力を涵養し,チーム医療,チームケア,総合保健医療,国際医療保健の中で活躍できる高度医療専門職者を養成する。本課程のなかに家族看護専門看護師課程を設置し,専門領域での認定等に関わる教育を効果的に取り込む。 博士課程後期課程では,前期課程において修得した分析能力,問題解決能力,研究能力を更に高度化し,創造的・開発的研究を通して新しい総合保健医療を創造・実践,教育できる独創性,創造性豊かな教育・研究者を養成する。