神戸大学医学部保健学科・大学院保健学研究科

神戸大学医学部保健学科・大学院保健学研究科

メニュー

大学院保健学研究科
Kobe University Graduate School of Health Sciences

HOME > 大学院保健学研究科のミッション > 病態解析学領域

病態解析学領域

病態解析学領域て゛は、医学・保健学の観点から、健康と疾病に関する研究を進めている。こうした研究の最新の成果を世界に向けて発信し、医学・保健学の新しい発見と進歩に寄与することを目指すと同時に、最新の研究成果か゛広く医療に携わる人々に知られ日々の仕事に生かされるよう、講義や講演なと゛を通し゛て知識の還元に努めている。

病態解析学領域の大学院教育およひ゛学部教育は、常に研究に支えられた創造性豊かて゛独立心に富む教育環境の下て゛運営・推進されている。こうした前向きな教育を通し゛て、志か゛高く、人間性か゛豊かて゛、独立心に富み、明日の医学・保健学を創造性豊かに開拓て゛きる医療職者およひ゛研究者の育成をミッションとしている。すなわち、博士課程前期(修士)て゛は医療分野におけるリータ゛ーの輩出を目指し、博士課程後期(博士) て゛は医学保健学領域の研究をリート゛する優秀な研究者およひ゛教育者の育成を目指している。

病態解析学領域は以下に示すように4つの分野に分かれており、健康と疾病にかかわる領域を包括している。

  • 分析医科学分野は、分子生物学、生化学、生理学、検査解析学を扱う。
  • 細胞機能・構造科学分野は、血液学、病理学、生命情報発現学を扱う。
  • 病態代謝学分野は代謝学、栄養学、神経科学を扱う。
  • 臨床免疫学分野は、免疫学、分子遺伝学、臨床免疫学を扱う。

また、保健学研究科における他の領域(国際保健学や感染症学、疫学なと゛)とも相互協力しなか゛ら守備範囲を広くもれなくカハ゛ーするよう心掛けている。

病態解析学領域の手法と考え方は、これらの領域にとと゛まらす゛、社会の広い応用領域においても活用される基礎的なものて゛ある。そのため、本学て゛は以前にも増して領域間の相互協力か゛広か゛ってきている。また、病態解析学の研究内容は、これからの医学・保健学研究の在り方そのものにも直結するものて゛ある。病態解析学領域の構成員は、さらに広くかつ深く病態解析学の研究を進め、学問と社会に寄与することを目指して、より一層の努力を自らに誓っている。

病態解析学領域

分析医科学分野

ミッション

分析医科学分野は、生化学(堀裕一教授、三好真琴助教)、臨床細菌検査 学・検査機器学(大澤佳代准教授)、臨床細胞学(大﨑博之准教授)を専門分野とする教員て゛構成されており、主として病態解析学領域の基礎分析科学分 野て゛の教育研究を担当する。

授業科目としては、前期課程て゛は、分析医科学特講I、分析医科学演習I、病態解析学特別研究I他、分子生物学特講I等、後期課程て゛は、分析医科 学特講II、分析医科学演習II、病態解析学特別研究II他、分子生物学研究 法特講II等を担当する。

研究課題としては、幹細胞を使った膵臓の再生医療や膵臓癌幹細胞を標的とした創薬研究(堀)、薬剤耐性細菌の耐性機構解明及ひ゛疫学研究(大澤)、患者さんから採取された細胞を用いた細胞診の研究(大﨑)等を行なっている。

メッセーシ゛

難病に貢献て゛きる成果をめさ゛して、貴重な数年間を研究に捧け゛てみたいという人を歓迎します。研究はすへ゛て指導しますのて゛、経験は必要ありません(堀)。薬剤耐性菌による感染防止・制御のためにという目的のもと、学生さんとのコミュニケーションを大切にしなか゛ら研究を進めてまいります(大澤)。細胞診に興味か゛ある人、社会人て゛病理細胞診業務に携わっている人を歓迎します(大﨑)。

細胞機能・構造科学分野

ミッション

本分野て゛は一義的に、正常およひ゛様々な疾患の病態における細胞・組織の機能や構造を形態学・細胞生物学・生化学・分子生物学・マウス遺伝学・分子遺伝学なと゛の方法を駆使して明らかにし、それらの知見をもとに病態の解析を行うとともに疾患や病態に対する新しい診断方法を開発する。さらに二義的に、これらの解析を通して生命科学の奥義をひもとくとともに、疾患の新しい特異的予防・治療法を開発する。

本分野は以下の3つの研究室から構成され、それそ゛れ学問分野の専門家か゛所属し、本学の医学研究科・附属病院・他学部との連携の他、他研究機関と地域・国際連携をとりつつ教育研究活動を展開する。

  • 血液学研究室(伊藤光宏教授、長谷川菜摘助教)
  • 病理学研究室(鴨志田伸吾教授)
  • 生命情報発現学研究室(駒井浩一郎准教授)
メッセーシ゛

本分野は各学問領域の成果や診断・研究技術において特筆すへ゛き人材を擁し、世界に誇れる特色ある分野を構成している。血液・転写研究の伊藤教授、免疫組織化学を用いた抗癌剤感受性研究の鴨志田教授、遺伝的多型や遺伝子発現調節による生命機能への影響を検討する生命情報発現学の駒井 准教授か゛それて゛ある。私達は活発かつ一流の研究活動を展開し、本分野を世界に成果を発信する細胞機能・構造科学の拠点にしたいと願っている。優秀な大学院生・若手研究者の参画を期待する。

病態代謝学分野

ミッション

糖尿病を中心とした代謝内分泌疾患の成因・病態・診断・治療の基礎的・臨床的な研究を行っている。特に、膵β細胞不全の分子メカニス゛ムの解明に力をいれて取り組んて゛いる(木戸)。高次脳機能の解明をめさ゛し、神経科学的手法を用いた、臨床への応用につなか゛る基礎的研究を行う(森)。

メッセーシ゛

博士課程の数年間を研究に打ち込んて゛充実したものにしたいという意欲のある人を受け入れたいと思っています(木戸)。人の心か゛宿る脳の働きとその仕組みを明らかにする研究をしています。脳の不思議に迫りたい方、心の病の予防、診断、治療に共に貢献したい方、歓迎します。詳細は、http://www.med.kobe-u.ac.jp/neuron/をこ゛覧下さい(森)。

臨床免疫学分野

ミッション

免疫学と臨床免疫学分野における新しい発見を目指して研究を推進すると同時に、免疫学と臨床免疫学の知識を最新の研究成果を踏まえてこれと乖離しない高いレヘ゛ルて゛講義、実習を行い、大学院生およひ゛学部学生を教育し、前途有為の専門家と研究者を輩出する。

メッセーシ゛

免疫学は現代科学の中て゛もっとも発展している学問分野のひとつて゛ある。しかしなか゛ら、医療の現場においてリウマチ膠原病治療学か゛日進月歩の広か゛りを見せる一方て゛、それらの病因に対するアフ゜ローチは、いまた゛に充分な結果を見出せてはいない。研究の到達点は、前人未到の領域を開拓し人類の福祉に役立てることにある。教員達か゛、自ら最大限の努力を傾注して難病を克服したいと考えているか゛、こうした前向きの姿勢か゛学生たちに自然に伝われは゛何よりと考えている。

ディプロマ・ポリシー カリキュラム・ポリシー カリキュラムマップ 前期課程PDF カリキュラムマップ 後期課程PDF 単位と履修例
分析医科学
細胞機能・構造科学
病態代謝学
臨床免疫学
  • 教授 柱本 照