神戸大学医学部保健学科・大学院保健学研究科

神戸大学医学部保健学科・大学院保健学研究科

メニュー

大学院保健学研究科
Kobe University Graduate School of Health Sciences

HOME > 大学院保健学研究科のミッション > 地域保健学領域

地域保健学領域

理念

少子高齢化が進むわが国において、地域に根ざした医療・保健の確立と疾病予防の重要性は、ますます高くなってきている。居住する空間(コミュニテイ)を中心とした新しい医療・保健制度を創りだしていくためには、各々の専門領域での知識をより高度なものとするだけではなく、従来の分野・領域の枠組みを超えた総合的なアプロ-チが不可欠である。

これまでの医学研究では、病院を中心とした治療技術の開発や疾病の原因解明が主要な課題であった。しかし、地域医療(保健)においては、限られた資源をいかに有効利用するかが大切であり、これまでと異なった資源を持つ専門職者の育成が必要である。すなわち、生活習慣病を中心とした疾病の予防や障害を持ちながら地域で生活する人々を支援し、地域全体の健康づくりを推進するためには、最新の科学的知識を基礎として、人々の生活実態に即したケアシステムや予防策を展開する能力が要求される。

本領域は地域保健学分野、健康科学分野の2分野より構成され、病院や医療施設ではなく、地域に居住するひとり一人の生活空間を中心としたヘルスプロモ-ション活動や在宅ケアに関する技術・理論の開発を行う。すなわち、人々が暮らすコミュニテイ全体の健康づくりを中心課題として、実際の実践活動を通じて、地域保健システムの開発や政策化に携わるための高度で総合的な知識を持った人材の育成を目指している。

特色

本領域では、研究者、高度医療専門職の養成だけではなく、行政、教育、企業などにおいて地域保健や健康に関連する業務に関わる人々を積極的に受け入れ、医学、保健、福祉、行政に関わる総合的な実践能力・知識と高い管理能力を持つ人材を社会に送り出していく。

本領域の特色は以下の3点に集約できる。

  • 乳児から老人にいたるまで、地域に暮らす人々が豊かで健康な生活を営むことができるように、医療・保健システムの開発とその実践に関する研究を行う。
  • 生活習慣病を中心とした疾病の予防や肢体・内部障害の地域在宅医療・ケアに関する個々の技術・知識の向上とともに、実際の生活に生かす方法を考え、地域における生活支援ネットワ-クの構築に向けた研究を行う。
  • 地域自治体、企業、社会福祉法人、NPOなどと協力し、従来の専門の枠組みを超えた学際的な健康教育を実施し、保健、福祉、教育の連?システムの構築と実践に関する教育・研究を行う。

地域保健学分野

概要

疾病や障害を持ちながら地域で生活している人々を支援し、地域全体の健康づくりを推進するためには、最新の科学的知識はもとより、地域に居住する人々の生活実態に即したケアシステムを開発し展開する能力が要求される。

地域保健学分野では、人々が暮らすコミュニテイ全体の健康づくりを中心課題として、地域社会を基盤とした医療・保健システムの開発とその実践に関する研究を通して、地域保健システムの開発や政策化に必要な高度で総合的な専門的知識を持った人材を育成する。

健康科学分野

概要

健康科学分野においては生活習慣病を中心とした疾病の予防、高齢者の健康維持を目的に食事・運動・睡眠などの様々な生活習慣を科学的に深く分析することにより、健康維持に役立つ新しい知見を明らかにしていきたいと思っている。すなわち「科学的根拠に基づいて新しく健康をデザインする」そのような分野である。さらにそのようにして得られた健康維持に関する知見を元に新たな健康プログラムを作成し、地域に展開していきたいと考えている。

ディプロマ・ポリシー カリキュラム・ポリシー カリキュラムマップ 前期課程PDF カリキュラムマップ 後期課程PDF 単位と履修例
地域保健学
健康科学
助教