伊藤 光宏(教授)Ito Mitsuhiro

伊藤 光宏(教授)
学位 博士(医学)
専門分野 血液内科学、腫瘍内科学、内科学一般、分子生物学
E-mail itomi★med.kobe-u.ac.jp
TEL / FAX TEL:078-796-4546
HP 血液学研究室
神戸大学研究者紹介システム 伊藤 光宏

注意:各教員のメールアドレスは“@”マークを“★”にかえてあります



所属

所属領域(大学院)  病態解析学領域
所属専攻(学部)   検査技術科学専攻

担当科目

細胞機能・構造科学、臨床血液学

所属学会

日本内科学会、日本血液学会、日本臨床腫瘍学会、日本臨床血液学会、日本輸血学会、日本造血細胞移植学会、日本癌学会、日本分子生物学会、米国血液学会

メッセージ

研究は長い道のりを走る地道なマラソンのようなものですが、その過程で世界の誰も知らない事実を発見したときの喜びは他に代えられないものです。私達の研究に興味を持ち、熱意をもって参加くださる方を、学生や卒後にかかわらず、また出身学部にかかわらず、歓迎いたします。

研究テーマ

1.転写共役複合体TRAP/メディエーターの生理的役割と造血
2.HIV-1 TatコアクチベーターTIP30による腫瘍抑制機構
3.Granzyme Bによる移植後GVHDの発症機序と制御

社会活動

・日本内科学会認定医および指導医
・日本血液学会専門医および指導医
・日本臨床腫瘍学会暫定指導医

主な著書

M. Ito and R.G. Roeder. The TRAP/SMCC/Mediator complex and thyroid hormone receptor function. Trends Endocrinol. Metabolism 12, 127-134, 2001.

主な論文

K. Ge, M. Guermah, C.-X. Yuan, M. Ito, A.E. Wallberg, B.M. Spiegelman and R.G. Roeder. Transcription coactivator TRAP220 is required for PPARg2-stimulated adipogenesis. Nature 417, 563-567, 2002.

M. Ito, C.-X. Yuan, H.J. Okano, R.B. Darnell and R.G. Roeder. Involvement of the TRAP220 component of the TRAP/SMCC coactivator complex in embryonic development and thyroid hormone action. Mol. Cell 5, 683-693, 2000.

M. Ito, C.-X. Yuan, S. Malik, W. Gu, J.D. Fondell, S. Yamamura, Z.-Y. Fu, X. Zhang, J. Qin and R.G. Roeder. Identity between TRAP and SMCC complexes indicates novel pathways for the function of nuclear receptors and diverse mammalian activators. Mol. Cell 3, 361-370, 1999.

M. Ito, H.J. Okano, R.B. Darnell and R.G. Roeder. The TRAP100 component of the TRAP/Mediator complex is essential in broad transcriptional events and development. EMBO J. 21, 3464-3475, 2002.

N. Urahama, M. Ito, A. Sada, K. Yakushijin, K. Yamamoto, A. Okamura, K. Minagawa, A. Hato, K. Chihara, R.G. Roeder and T. Matsui. The role of transcriptional coactivator TRAP220 in myelomonocytic differentiation. Genes Cells 10, 1127-1137, 2005.