大﨑 博之(准教授)Ohsaki Hiroyuki

大崎 博之(准教授)
学位 博士(医学)
専門分野 病理学,臨床細胞学,一般検査学
E-mail ohsaki★people.kobe-u.ac.jp
TEL / FAX TEL:078-796-4591
HP 大﨑研究室
神戸大学研究者紹介システム 大﨑 博之

注意:各教員のメールアドレスは“@”マークを“★”にかえてあります



所属

所属領域(大学院)  病態解析学領域
所属専攻(学部)   検査技術科学専攻

担当科目

学部:病理学Ⅰ・Ⅱ、病理組織細胞学、検査管理総論、臨床検査概論、検査情報解析学、一般検査学演習、症状マネージメント論、保健学初年次セミナー、健康スポーツ科学B、検査統合演習、検査情報解析学演習、医療安全管理学演習、病理組織細胞学実習Ⅰ・Ⅱ、検査統合実習、病態解析学特別研究
大学院:分析医科学特講Ⅰ・Ⅱ、保健学研究共通特講Ⅳ、分析医科学演習Ⅰ・Ⅱ、保健学研究共通特講Ⅱ・Ⅵ

所属学会

The International Academy of Cytology (Cytotechnologist Fellow)
日本臨床細胞学会(評議員)
泌尿器細胞診カンファレンス(理事)
日本臨床検査学教育学会(評議員)
日本臨床検査学教育協議会(国際協力委員会副委員長)
日本臨床検査学教育協議会(一般検査分科会会長)
兵庫県臨床検査技師会(理事)
NPO法人ラオス保健医療・医学協力協会(理事)

メッセージ

尿は患者さんに痛みを与えずに採取できるという利点があります。そのため,我々は尿中に出現する細胞を用いて,泌尿器腫瘍や糸球体腎炎などの早期発見と経過観察ができる検査法の開発と診断精度向上のための研究を行っています。現役学生はもちろんのこと社会人の方の参加も大歓迎です。(泌尿器以外の細胞診の研究も可能です)

研究テーマ

1)尿中に出現する尿路上皮癌細胞の細胞学的特徴の解明
2)糸球体疾患の非侵襲的バイオマーカーとしての尿中ポドサイトの可能性
3)体腔液細胞診を用いたPD-L1発現率の算出方法の確立
4)ラオスにおける悪性中皮腫の実態解明
5)子宮頸癌検診の受診率向上のための研究

社会活動

病理・細胞診の知識と技術を用いて国際貢献(ラオス)・地域貢献(神戸市)を行っています。

主な著書

1)細胞診と病理診断(共著).医学書院
2)病理検査学実習書(共著).医歯薬出版
3)顕微鏡検査ハンドブック(共著).医学書院
4)細胞診断マニュアル(共著).篠原出版新社
5)液状化検体細胞診断マニュアル(共著).篠原出版新社

主な論文

大﨑大学院生,corresponding author*

1)Morito S, Yasui H, Itoh T, Kamoshida S, Ohsaki H*.
Malignant mesothelioma cells with characteristic intracytoplasmic vacuolization and lipids. Diagn Cytopathol. 2023.

2)Irino S, Ose H, Takata N, Kamoshida S, Ohsaki H*.
Barriers to undergoing cervical cancer screening among health sciences university students in Japan: A cross-sectional study. Nurs Health Sci. 2023;25(3):466-473.

3)Jahan N, Ohsaki H, Kaneko K, Rahman A, Nishiyama T, Koizumi M, Yamanaka S, Kitada K, Sugiura Y, Matsui K, Yokoo T, Hamano T, Kuro-O M, Itou T, Suzuki M, Ueda K, Nishiyama A*.
Possible contribution of phosphate to the pathogenesis of chronic kidney disease in dolphins. Sci Rep. 2023;13(1):5161.

4)Sakumo K, Morihashi K, Nakamura A, Nukaya T, Sumitomo M, Nakamura M, Sofue T, Haba R, Itoh T, Kamoshida S, Ohsaki H*.
The usefulness of nuclear area in the diagnosis of high-grade urothelial carcinoma cells in voided urine cytology. Cytopathology. 2023;34(4):295-301.

5)Maekawa K*, Kotera S, Ohsaki H.
Competency for Japanese novice medical laboratory scientists: a Delphi method. BMC Med Educ. 2022;22(1):875.

6)Sakane J, Kitayama H, Inoue T, Nakamura A, Yamada M, Miyama Y, Kawamura H, Iwafuchi H, Kamoshida S, Ohsaki H*.
Urinary Podocyte Count as a Potential Routine Laboratory Test for Glomerular Disease: A Novel Method Using Liquid-Based Cytology and Immunoenzyme Staining. Acta Cytol. 2022;66(5):434-440.

7)Enomoto K, Matsunaga T, Sofue T, Nakamura A, Hirakawa E, Ibuki E, Haba R, Kamoshida S, Ohsaki H*.
p53 expression in repair/reactive renal tubular cells: A potential pitfall leading to a false-positive diagnosis of urine cytology. Cancer Med. 2021;10(24):8846-8853.

8)Ohsaki H*, Ueda K, Minakawa T, Oshiro M, Kamoshida S, Sugiura Y, Suzuki M, Nishiyama A.
Cytologic features of oral squamous cell carcinoma in an Indo- Pacific bottlenose dolphin (Tursiops aduncus): Papanicolaou stain and immunocytochemistry using liquid-based cytology. Vet Clin Pathol. 2021;50(3):404-409.

9)Morito S, Nitanda T, Tsukamoto R, Kamoshida S, Yasui H, Itoh T, Ohsaki H*.
Rapid Cell Transfer by Means of Nylon Mesh to Improve Cellular Diagnosis: The Role of Immunocytochemistry. Acta Cytol. 2021;65(5):424-429.

10)Okuda C, Kyotake A, Nakamura A, Itoh T, Kamoshida S, Ohsaki H*.
Quantitative cytomorphological comparison of SurePath and ThinPrep liquid-based cytology using high-grade urothelial carcinoma cells. Cytopathology. 2021;32(5):654-659.