駒井 浩一郎(准教授)Komai Koichiro

駒井 浩一郎(准教授)
学位 博士(医学)
専門分野 分子生物学、免疫学
E-mail komai★kobe-u.ac.jp
TEL / FAX TEL:078-796-4593/FAX:078-796-4593
HP 生命情報発現学 駒井研究室
神戸大学研究者紹介システム 駒井 浩一郎

注意:各教員のメールアドレスは“@”マークを“★”にかえてあります



所属

所属領域(大学院)  病態解析学領域 細胞機能・構造科学分野
所属専攻(学部)   検査技術科学専攻

担当科目

【学部】生物学概論B1&B2、分子生物学概論、免疫学、臨床免疫学実習I、遺伝子・染色体検査学(講義&実習)、生理学I&II、医療情報処理学、統計学、情報科学1&2 他
【大学院】細胞機能構造科学特講I&II,同演習I&II 他

所属学会

分子生物学会、免疫不全・自己炎症学会、リウマチ学会

メッセージ

(一般の方へ)
スプライシング調節異常による病態形成機構など、生命情報発現機構の研究を行っています。人間とはどこからきて、どこへ行く何者なのか、医療や科学技術の名の下であってもどこまで許されるのか、一時の経済的利潤や奢りを満たす技術開発ではなく、人間のあり様を知るための科学振興に寄与したいと願っております。
(学生の方へ)
大学は知的好奇心を最大限に発揮する場所です。昨日の夢を明日実現するために、今日を過ごしましょう。

研究テーマ

生命情報発現メカニズムと病態発症機構の関連解明

社会活動

神戸市看護大学 非常勤講師(免疫学),はくほう会医療専門学校 非常勤講師(生理学),日本リウマチ学会 評議員

主な著書

抗U1RNP抗体の病因的意義,リウマチ科 vol. 47 (6) , 2012

膠原病性肺高血圧症の発症分子機構,臨床リウマチ vol.23 (4) , 393-6, 2011

自己免疫疾患における選択的スプライシング(総説、共著),炎症と免疫 vol. 17 (5), 2009

RAとAngiopoietin-1 遺伝子(総説、共著),Frontiers in Rheumatology & Clinical Immunology vol. 2 (3), 30-34, 2008

関節リウマチの疾患遺伝子(総説、共著),ゲノム医科学NOW p25-36, 2006

主な論文

Expression of ASC splice variant found in Japanese patients with palindromic rheumatism is regulated by rs8056505 single nucleotide polymorphism and interleukin-1 beta. (原著、共著)Asian Pac J Allergy Immunol. 2022 Aug 22. doi: 10.12932/AP-010322-1339.

Expression of a PYCARD/ASC variant lacking exon 2 in Japanese patients with palindromic rheumatism increases interleukin-1β secretion.(原著、共著)Asian Pac J Allergy Immunol. 40(1):81-86, 2022

CD44v8-10 and CD44s are age-dependently expressed in primary cultured papillary thyroid carcinoma cells and are associated with cell proliferation.(原著、共著) Kobe Journal of Medical Sciences, 65, 2019

A variant of death-receptor 3 associated with rheumatoid arthritis interferes with apoptosis-induction of T cell.(原著、共著) The Journal of Biological Chemistry, 293 (6), 1933-43, 2018

Mixed connective tissue disease (MCTD) is distinct from SLE: study of MICA and HLA gene polymorphisms.(原著、共著) Tissue Antigens 81 (1): 44-5, 2013

Role of the MICA polymorphism in systemic lupus erythematosus.(原著、共著)Arithritis & Rheumatism, 63 (10): 3058-66, 2011

Mathematical basis of affected sib-pair analysis: an extension to X-linked loci.(原著、共著) Modern Rheumatology vol. 20 (4), 370-5, 2010

Mammalian clock gene Cry regulates arthritis via pro-inflammatory cytokine TNF-alpha(原著、共著) The Journal of Immunology vol. 184 (3), 1560-5, 2010

Sjogren's syndrome patients presenting with hyper-gammaglobulinemia are relatively unresponsive to cevimeline treatment. (原著、共著) Modern Rheumatology vol. 19 (4), 416-9, 2009