神戸大学医学部保健学科・大学院保健学研究科

神戸大学医学部保健学科・大学院保健学研究科

メニュー

医学部保健学科
Kobe University School of Medicine Faculty of Health Sciences

HOME > 医学部保健学科 > 理学療法学専攻

理学療法学専攻

近年の人口の高齢化及び疾病構造の変化、さらには、障がい者に対する社会復帰などの人間福祉の向上は、リハビリテーション医学における機能回復をひとつの医学領域として位置付けられ、重要な役割を担うものとして要請するようになりました。理学療法は、物理的治療法及び運動療法によって身体の機能回復を図るもので、この分野は他のすべての医療分野と直結しています。それだけに、新しいチーム医療において、医師及び看護師などの他のチーム・スタッフとの密接な連携と相互の協調が必要となります。近年、物理的治療法及び運動療法を遂行するにあたっての機器及び技術の開発・進歩には目覚ましいものがあります。

このような、医療における重要な役割と高度な技術への対応が要請される理学療法学の分野ですが、高等教育による人材の養成機関は少なく、医学及び医療の変化に必ずしも対応できていないと思われます。

理学療法学専攻においては、既存の理学療法学を学び、科学的視点から思考する能力を養いながら、将来、科学的根拠に基づいた効果的な理学療法を実践し、創造できる専門家の育成を使命としています。

学部卒業時の到達目標
  • 標準的な理学療法の理論と技術を修得し、実践できる
  • 対象者や他専門職と相互に信頼し、良好な人間関係を築き上げることができる
  • 科学的視点から思考し、臨床に即した研究の志を持つことができる
  • 対象者を生活機能から見る視点を修得することができる
理学療法学専攻カリキュラムの理念、設計基準
  • 幅広い領域にわたる医学と理学療法関連科学の基礎を学び、標準的な理学療法学の理論と技術を修得する
  • 最新の理学療法領域関連やリハビリテーションに関する情報を学び、それらに関わる歴史的経緯や科学的検証・根拠を理解する
  • 上記1・2を踏まえながら理学療法学および関連領域に対する向学心と探究心を養い、大学院での深い学びを望むことができる
ディプロマ・ポリシー カリキュラム・ポリシー カリキュラムマップPDF 平成27年度以前入学者の履修要件(卒業要件)PDF 平成27年度以前入学者 理学療法学専攻専門科目 履修体系表PDF 平成28年度以降入学者の履修要件(卒業要件)PDF 平成28年度以降入学者 理学療法学専攻専門科目 履修体系表PDF