荒川 高光(准教授)Arakawa Takamitsu

荒川 高光(准教授)
学位 博士(医学)
専門分野 解剖学
E-mail arakawa★people.kobe-u.ac.jp
TEL / FAX TEL:078-796-4558/FAX:無し(メールして下さい)
HP 荒川研究室
神戸大学研究者紹介システム 荒川 高光

注意:各教員のメールアドレスは“@”マークを“★”にかえてあります



所属

所属領域(大学院)  リハビリテーション科学領域
所属専攻(学部)   理学療法学専攻

担当科目

【学部】身体のしくみと働きI, II,解剖学演習,解剖学I, II, III,解剖学実習I, II, III,臨床解剖学実習,発達障害理学療法学,運動学,初期体験実習
【大学院】生体構造・機能解析学演習I, II,リハビリテーション科学研究法特講I,リハビリテーション科学研究法演習I,生体構造・機能解析学特別研究
【医学科学部】解剖学

所属学会

American Assiciation of Clinical Anatomists (AACA),日本解剖学会,日本霊長類学会,日本理学療法士協会

メッセージ

医療職者を目指す方にとって解剖学は最初に越えなければならない壁だと思います。おそらくほとんどの学生さんは「解剖学」と聞くとイヤな思い出が多いでしょう。でも、本当の「解剖学」は非常に重要であると同時に、目の前の対象の真実を理解することにつながる、大変面白い、エキサイティングな学問なのです!一緒に解剖学の発展を目指しませんか。まずは連絡(メール)をください。

研究テーマ

私の研究室では、理学療法をはじめとした治療やケアの解剖学的基盤をつくることを目指しています。解剖学の対象は全身にわたります。マクロからミクロまで、発生や神経解剖学までトータルとして見ていかないと対象者は理解できません。
人体の形態をありのままに観察し、それをきちんと説明する、ということからはじめ、職種に関係なく通じる解剖学から人体を説明することを目指しています。そのためには発生学的な見地からの研究や、比較解剖学、機能的な観点からの研究も同時に行い、まずはヒトの身体をきちんと理解して説明できることを目指しています。
また、理学療法などに応用可能な動物モデルを用いた実験研究も行い、様々な角度から人体を理解し、よりよい医療を提供するための基盤づくりに貢献したいと考えています。

社会活動

日本解剖学会(評議員)
日本基礎理学療法学会(評議員、人体解剖学実習検討委員会・委員長)
肉眼解剖学懇話会 世話人

主な著書

1. 荒川高光(分担執筆) 工藤慎太郎(編),運動学×解剖学×エコー 関節機能障害を「治す!」理学療法のトリセツ, 医学書院, 東京,2023

2. 荒川高光ほか:局所解剖学と体表解剖学(分担),「標準理学療法学・作業療法学 専門基礎分野 解剖学 第5版」, 野村嶬(編)医学書院, 東京,2020

3. 荒川高光ほか:第5章 安楽な姿勢・歩行を支える援助技術(分担), 「人体の構造からわかる看護技術のエッセンス」. 三木明徳(監修), 三谷理恵, 渋谷幸, 荒川高光(編), 医歯薬出版, 東京,2018

4. 荒川高光ほか:上肢(共訳), 「臨床のための解剖学 第2版」, 佐藤達夫、坂井建雄(監訳),キース L. ムーア、アーサー F. デーリー著, ディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京,2016

5. Arakawa T, Ankle and Foot Joints. In “Bergman's Comprehensive Encyclopedia of Human Anatomic Variation” ed. Tubbs RS, Shoja MM, Loukas M., pp. 204-206, Wiley & Sons Inc., Hoboken, New jersey, 2016, DOI: 10.1002/9781118430309

6. 荒川高光:足関節靱帯損傷・アキレス腱断裂の病態, 「運動器疾患の病態と理学療法」, 奈良勲(監修), 森山英樹・木藤伸宏(編),中山書店, 東京,2015

7. 荒川高光ほか:能力低下およびリハビリテーションに付随する心理社会的問題(共訳),「リハビリテーション-評価と治療計画」, 乗松尋道、盆小原秀三(監訳)S. B. オサリバン、T. J. シュミッツ著, 村書店, 東京,2014

8. 荒川高光: 運動発達, 「15レクチャーシリーズ 理学療法テキスト 理学療法評価学II」, 山書店, 東京,2013

主な論文

【欧文】* = corresponding author
1. Arakawa T, Campisi E, Tran J, Agur A*. Dissection, digitation and 3D modelling: a novel anatomical visualization and imaging tool. Anat Sci Int (2023), 98(3): 337-342.

2. Emura K*, Hirasaki E, Arakawa T. Muscle–tendon arrangement and intramuscular nerve distribution of flexor digitorum superficialis in the siamang (Symphalangus syndactylus), western lowland gorilla (Gorilla gorilla gorilla), western chimpanzee (Pan troglodytes verus), and Japanese macaque (Macaca fuscata). Anat Sci Int, 98(4):493-505, 2023.

3. Nagata I, Kawashima M, Miyazaki A, Miyoshi M, Sakuraya T, Sonomura T, Arakawa T*. Icing after skeletal muscle injury with necrosis in a small fraction of myofibers limits iNOS-expressing macrophage invasion and facilitates muscle regeneration. Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol, 324(4): R574-R588, 2023.
●神戸大学からプレスリリース
●第31回運動生理学会大会 若手優秀論文賞受賞

4. Miyazaki A, Kawashima M, Nagata I, Miyoshi M, Miyakawa M, Sugiyama M, Sakuraya T, Sonomura T, Arakawa T*. Icing after skeletal muscle injury decreases M1 macrophage accumulation and TNF-α expression during the early phase of muscle regeneration in rats. Histochem Cell Biol, 159(1): 77-89, 2022.

5. Sakuraya T, Sekiya S, Emura K, Sonomura T, Hirasaki E, Arakawa T*. Comparison of the soleus and plantaris muscles in humans and other primates: macroscopic neuromuscular anatomy and evolutionary significance. Anat Rec, 306(2):386-400, 2022.

6. Kawashima M, Iguchi S, Fujita N, Miki A, Arakawa T*. Structural Changes in Skeletal Muscle Fibers after Icing or Heating on Downhill Running in Mice. Kobe J Med Sci, 67(2): E48-E54, 2021.

7. Iwanaga J*, Terada S, Kim HJ, Tabira Y, Arakawa T, Watanabe K, Dumont AS, Tubbs RS. Easy 3D scanning technology for anatomy education using a free cellphone app. Clin Anat, 34(6):910-918, 2021.

8. Kawashima M, Kawanishi N, Tominaga T, Suzuki K, Miyazaki A, Nagata I, Miyoshi M, Miyakawa M, Sakuraya T, Sonomura T, Arakawa T*. Icing after eccentric contraction-induced muscle damage perturbs the disappearance of necrotic muscle fibers and phenotypic dynamics of macrophages in mice. J Appl Physiol (1985), 130(5): 1410-1420, 2021.
New York Timesに掲載
●神戸大学からプレスリリース
●メディア掲載多数。詳細は研究室HPまで。

9. Yamamoto R, Izumida M, Sakuraya T, Emura K, Arakawa T*. The ulnar nerve is surrounded by the tendon expansion of the flexor carpi ulnaris muscle at the wrist: An anatomical study of Guyon’s canal. Anat Sci Int. 96(3): 422-426, 2021.

10. Castanov V, Vieneau M, Arakawa T, Hassan S, Agur A, Tyczynski D. Three-dimensional architecture of the great toe muscles: functional implications in hallux valgus. Anatomy.14(2): 77-85, 2020.

11. Kawashima M, Miyakawa M, Sugiyama M, Miyoshi M, Arakawa T*. Unloading during skeletal muscle regeneration retards iNOS-expressing macrophage recruitment and perturbs satellite cell accumulation. Histochem Cell Biol. 154(4): 355-367, 2020.
●神戸大学名谷保健科学賞受賞
●論文が表紙に採択

12. Emura K*, Hirasaki E, Arakawa T. Muscle–tendon arrangement and innervation pattern of the m. flexor digitorum superficialis in the common marmoset (Callithrix jacchus), squirrel monkey (Saimiri sciureus) and spider monkey (Ateles sp.). J Anat. 237(5): 907-915, 2020.

以下多数のため省略。詳細は研究室HPを参照