神戸大学医学部保健学科・大学院保健学研究科

神戸大学医学部保健学科・大学院保健学研究科

メニュー

医学部保健学科
Kobe University School of Medicine Faculty of Health Sciences

HOME > 医学部保健学科 > 検査技術科学専攻 > ディプロマ・ポリシー/カリキュラム・ポリシー

ディプロマ・ポリシー/カリキュラム・ポリシー

学位:学士(保健衛生学)

神戸大学医学部保健学科は、「真摯・自由・協同」の精神の下、高い倫理観と科学的視点を持ち、高度な専門的知識・技能を身につけた医療人を養成するために、保健医療・健康科学に関する卓越した教育を提供することを基本理念としている。また、旺盛な探究心と創造性を身につけ、将来、それぞれの専門領域における指導者として、国際的に活躍できる人材の育成を目的とする。 この目的を達成するため、以下に示した方針に従って学士の学位を授与する。

学位授与に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき、保健学科検査技術科学専攻は以下に示した方針に従って当該学位を授与する。

  • 本学部保健学科検査技術科学専攻に4年以上在学し、履修要件として定めた所定の単位以上を修得すること。
  • 神戸大学のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え、卒業までに、本学部保健学科検査技術科学専攻学生が身につけるべき能力を次のとおりとする。
    • 「人間性と倫理性」
      • 医療チーム・研究チーム・教育チームの一員として卓越した人間性を備え、高い倫理観にもとづいた行動により、社会の第一線で活躍しうる臨床・研究・教育活動の能力。
    • 「創造性」
      • 進取の気質と問題解決に対する柔軟な想像性を身につけ、社会に貢献できる新たな技術や機器開発に取り組む能力。
    • 「地域性・国際性」
      • 疾病の診断・早期発見・治療評価や健康状態の把握に対して、地域医療の中心を担う能力。
      • 国際的な視野から検査技術と医療を俯瞰し、英語を用いて学術的に適切な情報収集と発表を行い、第三者と良好な意思疎通がはかれる能力。
    • 「専門性と協働」
      • 医療検査技術についての高度の専門知識と検査技能を得るための主体的学習能力。
      • 医療従事者・自然科学研究者と協調して人間福祉の向上に寄与する能力。

教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

神戸大学のカリキュラム・ポリシーにもとづき、保健学科検査技術科学専攻は以下に示した方針に則りカリキュラムを編成する。

  • 「人間性」「創造性」「国際性」を学生に身につけさせるため、すべての学生が履修する共通の科目として、基礎教養科目、総合教養科目、高度教養科目、外国語科目、初年次セミナー、キャリア科目、情報科目、健康・スポーツ科学及びその他必要と認める科目を開設する。
  • 深い学識を涵養し、「専門性と協働」を学生に身につけさせるため、以下の専門科目を開設する。(共通専門基礎科目及び学部が開設する高度教養科目を含む)
    • 「高度の専門知識と検査技術」を身につけることができるよう現代医療と生命倫理、初期体験実習、IPW概論などの共通特論、IPW統合演習(高度教養科目)、解剖学、生理学、生化学、統計学、病理学、免疫学、分子生物学概論、公衆衛生学、臨床血液学、臨床細菌学、臨床検査医学、遺伝子・染色体検査学、生理機能検査学、ウイルス検査学、臨床細菌検査学などの講義科目、生理学実習、解剖学実習、公衆衛生学実習、臨床化学実習、臨床免疫学実習、臨床血液学実習、臨床生理学実習、病理組織細胞学実習、ウイルス検査学実習などの実習科目、検査統合演習、検査情報解析学演習などの演習科目を開設する。
    • 「社会の第一線で活躍しうる研究・教育活動」を身につけることができるよう災害保健(高度教養科目)、保健行政論(講義科目)、原書講読、卒業研究を開設する。
    • 「技術及び機器の研究開発」を身につけることができるよう検査管理総論、機器分析学、検査機器学、生体情報計測学、医療システム論などの講義科目、機器分析学実習、生体情報計測学実習などの実習科目を開設する。
    • 「国際学術交流への貢献」を身につけることができるよう国際保健、国際感染症論などの高度教養科目、ウイルス学、国際情報検索などの講義科目を開設する。

なお、これらの科目は、講義・演習・実習等の授業形態に応じて、アクティブラーニング、体験型学習などを適宜組み合わせて行う。学修成果の評価は、学修目標に即して多元的、包括的な方法で行う。