神戸大学医学部保健学科・大学院保健学研究科

神戸大学医学部保健学科・大学院保健学研究科

メニュー

研究科長挨拶
Messages from the Dean

HOME > 研究科長挨拶

研究科長挨拶

神戸大学医学部保健学科長、神戸大学大学院保健学研究科長 木戸 良明

医学部保健学科は、1994年に設立された神戸大学の中でも比較的新しい学科です。看護学、臨床技術科学、理学療法学、作業療法学の4専攻で構成されております。これまでに多くの優れた看護師、助産師、保健師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士を医療の第一線に送り出してきました。また、国家資格を取得し、医療専門職に就くだけでなく、行政機関、教育機関、研究所、国際保健機関や広く健康科学に関連した企業に就職する学生が多い事も当保健学科の特徴であります。

保健学科における教育の特徴としては、

(1)他の多くの医療職種と協働してチーム医療を行っていくための多職種間協働教育(IPE: Interprofessional Education)をとり入れ、卒業後の多職種間協働実践(IPW: Interprofessional Work)まで継続してきた歴史があります。

(2)高度な専門知識と幅広い学識を持つ医療の専門人材を育成しております。看護学専攻では、助産師・保健師教育を大学院に移行し、学部の間は看護学の基礎から応用までの知識をしっかりと身につける期間としました。

(3)4年次の卒業研究に十分な時間をかけて、レベルの高い研究に触れるとともに、将来の多様な進路の礎となるように指導しております。

学部学生の間は、多くの授業・実習があり、知識・学識が増えるにつれ、さらに広く深く学びたいという学生の大学院進学数が近年増加しております。大学院保健学研究科には、博士前期課程(修士)各学年54名、博士後期課程(博士)各学年25名の定員があります。大学院では、看護学、病態解析学(検査技術学)、リハビリテーション科学(理学・作業療法学)の基幹領域に加え、地域保健学領域、国際保健学領域の2つの融合領域があります。

保健学研究科の特徴としては、

(1)高度専門人材及び研究者を育成しております。平成28年度からは、助産師、保健師教育も大学院に移行しました。また、医療職以外の幅広い健康科学関連の職業人も育成しております。

(2)グローバル教育に力を入れております。平成24年度から英語の授業のみで学位の単位を取得できる英語コース(ICHS: International Courses for Health Science)が開講しました。また、同じく平成24年度から、タイやインドネシアなどのアジアのトップ大学と学生交流、共同研究を行うようになりました。このプログラムは学部学生から参加できます。

(3)神戸大学は11学部、15の研究科からなり、文系と理系のバランスが取れている日本でも有数の総合大学である利点を生かして、文理融合の共同研究等の連携をしています。

以上のように、世界に開かれた総合大学である神戸大学で学んでいる利点を生かし、様々な分野の知識を習得し、多くの出会いと交流を経験して、「医療人として」そして「人間として」大きく成長した人材を育成したいと考えています。

(神戸大学医学部保健学科長、神戸大学大学院保健学研究科長 木戸 良明)