English  ダウンロード

ごあいさつ

研究科長:木戸良明


アジア諸国においても世界各国と同様に少子高齢化が進展しており、その対策が必要とされています。また経済格差や民族・宗教の多様性に起因する社会問題などの不安定要素を内在しています。さらに、熱帯地方を中心にマラリア・デング熱などの感染症の問題もあり、生活習慣病や高齢化と併せて、非常に多くの問題を抱えております。これらの問題は、国や地域により異なり、それぞれの状況に応じた対策が必要となっております。

神戸大学は、アジア地域において多くの海外拠点を有しており、保健学研究科ではこれまでASEAN諸国との連携・協働により保健・医療分野における高度専門人材および研究者の育成を推進してまいりました。これらの経験をもとに保健学研究科では、この多様化するアジア諸国の保健衛生問題に対応するために、平成28年に「アジア健康科学フロンティアセンター」を部局内に設置いたしました。本センターを中心とした神戸大学内の他研究科との文理融合およびアジア諸国の研究者との連携により、健康で安心安全な社会構築のための、国内外の社会実装の推進と文理融合・実践型の研究を目指したいと考えております。本センターの活動が、アジア諸国において貢献できる活動として育っていくことを期待しております。


センター長:種村留美


アジア諸国の保健衛生課題は、感染症対策から、母子保健、生活習慣病、高齢者対策までを包括し、個人のライフステージを通じて支援を可能とする、継ぎ目のない(シームレス)ヘルスケアシステム構築や健康科学分野の教育研究者育成などが求められています。本学域は、これまで学部教育や大学院教育、国際交流を通して、ベトナムやインドネシア、フィリピン、タイ、台湾などのASEAN諸国等との連携により保健・医療専門職や研究者の育成を推進してきました。本センターは、これまでの取り組みをより強化し、海外大学・研究機関、国際機関との連携により構築されたネットワークを活用し、海外拠点との連携により、アジア諸国の保健衛生課題解決を促す点にその特徴があります。

本センターには、少子化、母子保健課題に対する、1)グロース&ディベロップメント、生活習慣病や高齢化社会に対応する、2)サクセスフル・エイジング、感染症に対応する、3)インフェクシャス・コントロール、社会実装や社会基盤化に対応する、4)ヘルスリテラシーの4部門が設置されています。本センターが、アジアの保健システム構築に役に立つことを願っています。

Frontier Center for Asian Health Sciences