2024.7.22【受賞】
第40回日本霊長類学会において優秀口頭発表賞を受賞しました。(受入教員:荒川 高光 准教授)
2024.7.22
医学部保健学科・大学院保健学研究科 夏季の一斉休業について
2024.7.17
「ICHS Summer Educational Program」が下記日程で開催されます。
日時:2024年9月5日(木)~7日(土)
※プログラムはこちらから→日本語 / English
2024.7.12【研究ニュース】

パブリックヘルス領域の保健学研究員・石原広大、井澤和大准教授らは、急性冠症候群(ACS)患者の認知機能に対する心臓リハビリテーションの効果に焦点を当てています。

石原らはシステマティックレビューを通じて、運動療法主体の包括的な心臓リハビリテーションがACS患者の認知機能に対して有効であることを示しています。


論文はこちら
神戸大学広報課のXとFBにも紹介されています↓
X:https://x.com/KobeU_PR
FB:https://www.facebook.com/kobeuniv/
2024.6.26【研究ニュース】

パブリックヘルス領域の井澤和大准教授、保健学研究員・尾倉朝美氏らの最新研究で、心血管疾患で入院中の高齢患者において、座っている時間や横になっている時間が身体の健康や認知能力に悪影響を及ぼすこと、また、視覚障害(VI)患者は世界中で急増しており、VIを呈する心疾患患者は、歩行速度や入院期間と関連することが示されました。


詳しくはこちら↓
X:https://x.com/KobeU_PR/status/1803958671787069731
FB:https://www.facebook.com/kobeuniv/
2024.3.29【受賞】
「令和5年度神戸大学名谷保健科学賞」の表彰を行いました。
2024.3.29【受賞】
第129回日本解剖学会総会・全国学術集会において献体学術賞を受賞しました。
2024.3.6【再掲】
●リハビリテーション科学領域 橋本 健志 教授 最終講義の日程が決定しました(2024.3.13 16:00開催)

オンライン(Zoom)聴講のお申し込みはこちら
2024.2.19【受賞】
卒業生の田原 優希 氏(指導教員:正垣 淳子 助教、宮脇 郁子 教授)が
日本心臓リハビリテーション学会第9回近畿支部地方会にて、優秀演題賞を受賞しました。
2024.2.19【受賞】
保健学研究員の尾倉 朝美 氏(受入教員:井澤 和大 准教授)が
日本心臓リハビリテーション学会第9回近畿支部地方会にて、最優秀演題賞を受賞しました。
2024.2.19【研究ニュース】
神戸大学大学院保健学研究科の北村匡大研究員(令和健康科学大学リハビリテーション学部理学療法学科講師)、
井澤和大准教授らの研究グループは、要支援高齢者を対象に、加速度計を用いたセルフモニタリング介入が歩数、
座位行動、軽強度活動といった身体活動を改善することを明らかにしました。
2024.2.13
令和6年度神戸大学医学部保健学科作業療法学専攻 学校推薦型選抜 合格者の発表について
2024.2.2
●看護学領域 齋藤 いずみ 教授 最終講義の日程が決定しました(2024.2.14 15:00開催)
●病態解析学領域 堀 裕一 教授 最終講義の日程が決定しました(2024.3.5 15:00開催)
●リハビリテーション科学領域 橋本 健志 教授 最終講義の日程が決定しました(2024.3.13 16:00開催)

オンライン(Zoom)聴講のお申し込みはこちら
2024.1.29【受賞】
リハビリテーション科学領域 上田 雄也 助教が、第10回日本スポーツ理学療法学会学術大会において大会長賞を受賞しました。
2024.1.24【研究ニュース】
リハビリテーション科学領域の前重伯壮准教授、博士後期課程大学院生の山口亜斗夢氏らの研究グループは、
米国ハーバード大学、中国上海科学技術大学・南京医科大学との国際共同研究により、人体最大の分泌器官である骨格筋に超音波を照射することで
抗炎症作用を有する細胞外小胞と呼ばれる粒子の分泌が増加し、免疫細胞の病的な炎症反応を抑制できることを発見しました。
2024.1.12【研究ニュース】
神戸大学大学院保健学研究科博士前期課程学生の槇原史乃氏、金沢大学融合研究域融合科学系の金居督之准教授、
神戸大学大学院保健学研究科の井澤和大准教授らの研究グループは、入院中の亜急性期脳卒中患者を対象に、
入院中の疲労感と身体活動量の関連性を明らかにしました。
2024.1.5【資格取得】
病態解析学領域 博士課程前期課程2年生の磯貝柚夏 氏、於勢皓子 氏、左雲主真 氏が細胞検査士の資格認定試験に合格しました。