HOME >お知らせ
博士課程後期課程1回生の笹脇ゆふ氏(塩谷研究室)が、「第23回日本時間生物学会学術大会」において優秀ポスター賞を受賞しました

 2016年11月12日-13日 名古屋で開催された日本時間生物学会学術大会にて、看護学領域・看護実践開発学分野・塩谷研究室の笹脇ゆふ氏が優秀ポスター賞を受賞しました。

 受賞演題は、「The influence of morning-focused working system on circadian activity rhythm, subjective sleep and health related quality of life」で、伊藤忠商事株式会社と協働し、勤務形態(特に朝型勤務)が身体活動リズムや睡眠・健康感に与える影響について研究したものです。表彰式は11月13日に名古屋大学・豊田講堂にて行われました。当研究室では今後も生体リズムに着目した研究に取り組んでいきます。