HOME > 保健学研究科の紹介 > 看護学領域

看護学領域

看護学は、環境と相互作用しながら地域社会で生活する個人と家族、地域・国際社会を対象に、人間の尊厳、個別性を守りながら、人々の健康生活を包括的に支援し、ヘルスプロモーションhealth promotionを図るための実践科学である。

看護学領域では、ひととしての成長と専門職者としての成長に必要となる諸科学ならびに看護学に関する高度な教育を提供する。

看護学領域のミッションmissionは次のとおりである。

  • ひととしての成長:たゆまぬひとへの関心をもとに、自己理解から他者理解へ、そして相互尊重と利他の精神を価値基盤に行動するひとを育てる。
  • 専門職者としての成長:現実世界を生きる人々(個・集団)を主体とし、その生活過程、および健康を取り巻く環境に焦点化した看護、ならびに生命の尊厳と倫理観に基づき、成長発達を促す看護を志向するひとを育てる。科学的・理論的思考に基づく看護実践能力と創造的探究心を育む。
  • 地域・国際社会への貢献:地域・国際社会における様々な健康課題に対して、迅速かつ継続的な意図的行動を通じて貢献するとともに、看護学における未来を志向できるひとを育てる。


看護学領域が目指す教育の目標は次のとおりである。

  • 個人・家族・地域・国際社会を対象とし、ヘルスプロモーションをめざした看護を展開できる。
  • 科学的・理論的思考をもち、創造的探究心にもとづいた看護実践ができる。
  • 保健医療チームにおいて協働し、看護の独自性が発揮できる。
  • 研究成果を看護実践に活用でき、研究への志向性をもつことができる。
  • 看護専門職者として生涯にわたり成長し続けることができる。

看護学領域の教育課程は、「ひと」「生活」「環境」「ウェルビーイングwell‐being」を理解することを中核とし、「ケアリングcaring」「エコロジーecology」「ホリズムholism」の視座からこれらを有機的に統合できるように編成している。そして、あらゆる「ひと」の「ヘルスプロモーション」を推進することを看護実践として位置づけ、これに必要な知識と技術、研究方法を修得できることが特徴である。 このような教育を通して、卓越した資質・力量を備えた看護専門職者を育成し、保健医療福祉などの幅広い分野の実践・教育・研究における活躍、地域・国際社会 への貢献をめざす。


【看護学専攻教育課程概念図】

本教育課程の実施にあたっては、学生の経験と自己決定性を重んじ、経験にもとづくリフレクションreflectionを促す教育、科学的・論理的思考にもとづいた看護実践に必要な批判的思考力を培う教育を実践する。そして、学生が、創造的探求心をもって主体的かつ能動的に学び、人々との相互作用の中で看護専門職者として成長できる教育をめざす。


看護実践開発学分野

看護実践学

 看護実践学分野では、看護実践学の構築をめざして、看護とは何かを探究し、看護実践に埋め込まれている知を明らかにする。また、人の適応的行動の理解に基づいた看護実践技術の開発を行う。さらに高度な看護実践能力の開発を目指した看護実践教育に関する教育・研究を行う。

療養支援看護学

 療養支援看護学分野では、療養支援が必要な健康課題や健康障害をもつ個人・家族を対象に、健康維持および健康回復、ならびにQOLの向上を目指した療養継続に必要な看護支援方法の開発、およびこれらに関する教育研究を行う。また、わが国における療養支援看護学の発展に資するために、個人・家族への支援基盤となる保健医療制度などを含めた療養支援システムの構築についても探求する。

在宅看護学分野

 在宅看護学分野では、健康問題や障害を持ち、医療と何らかの関連をもちつつ社会の中で生活者として生きる人々の尊厳保持、QOL、自立支援を高めるケア・ケアサポート、ターミナルケア等について自宅、さらに自宅以外の場における当事者主体を基盤とする在宅支援の探求を行い、サポートネットワーク、在宅看護ケアシステムの構築と支援方法に関する教育および研究を行う。

家族看護学分野(家族看護CNS課程)

 家族看護学分野では、養育期・教育期家族の健康危機への適応と家族機能の維持・向上を支援する家族ケアモデルの開発構築を行う。また、療養生活をしている子どもや家族への病棟、外来および在宅における家族中心ケアプログラムの開発を行う。さらに、細菌学的な実験手法を用い、養育環境や在宅療養における子どもと家族の感染予防対策構築に関する教育および研究を行う。
 家族看護CNS課程では、家族看護分野における卓越した看護実践能力を有する家族看護専門看護師の養成コースである.講義・演習・実習をとおして、専門看護師として必要な高度な実践能力、教育的能力、コンサルテーション能力、他職種との連携・調整能力、研究能力、倫理的判断能力を習得し、高度な家族ケアを提供できるスペシャリストを育成する.

母性看護学分野

 母性看護学分野では、思春期から老年期までの女性及び家族のライフサイクルにおける各ステージの健康課題と健康増進への看護支援に関する教育および研究に取り組む。特に、ソーシャルサポート、ピアサポート、家族看護等の理論に基づき、思春期から周産育児早期における養育力強化に向けた課題、及び月経や性、更年期女性の健康問題と健康支援などに関して探求する。また、家族看護専門看護師課程においては、周産期家族援助に関する高度専門職者を養成する。