HOME > 神戸大学医学部保健学科の教育理念・教育目標

神戸大学医学部保健学科の教育理念・教育目標

保健学科は、医療・保健・福祉を通して、学問の発展、人類の健康、ひいては幸福に貢献するために、卓越した教育を行うことを基本理念としています。
保健学科はこの理念に基づいて、高度な専門性と多様な教員構成を活かして、次の5つを力点とする教育を行っています。

  1. 専門職の協働:保健医療チームにおいて協働し、各専門職の独自性を発揮できる。
  2. リサーチマインド:科学的・論理的思考。創造的探求心、研究志向性をもつ。
  3. 人間性:相互尊重を価値基盤とする医療人(Health Professionals)に成長できる。
  4. 国際保健:世界における健康水準の格差を知り、問題意識をもち、貢献できる。
  5. 災害保健:災害による健康への影響を知り、問題意識をもち、貢献できる。

神戸大学医学部保健学科の概要

保健学は、心身の健康と疾病や障害に関する教育と研究を通して、人類の幸福と社会福祉の向上に寄与する実践的学問です。近年、医学およびこれに関連する科学は目覚しい発展を遂げており、医学・医療のあらゆる分野において新しい技術が次々に開発されています。また、我が国は世界でも有数の高齢化社会を迎えており、これに対応した医療、保健、福祉などの制度改革が求められています。看護学専攻,検査技術科学専攻、理学療法学専攻および作業療法学専攻を擁する神戸大学医学部保健学科では、このような社会の要請に応えるために、健康の維持・増進、疾病や障害の予防、患者のケア、病因・病態の解析や検査・診断技術、心身機能の回復、代償、補完などに関する教育と研究を通して、最新の保健・医療を支える有能な人材育成に取り組んでいます。

医療職には、医学、医療、保健に関する幅広い知識と高度な専門技術が不可欠であることはいうまでもありませんが、これに加えてと豊かな人間性や倫理性も求められており、本学科では総合大学の利点を活かし、教養教育にも大きな比重を置いています。また、看護師、保健師、助産師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士などのコメディカル職者は、先端医療を可能にするチーム医療・チームケアの中で、医師のイコールパートナーとして、それぞれの専門的職務を遂行しなければならないし、在宅医療ならびに地域における健康増進等の保健活動において中心的役割を担っています。

従って、21世紀の人間社会においては保健学の重要性はますます高まり、活動範囲も拡大の一途を辿って行くことでしょう。神戸大学では大学院保健学研究科も設置され、新しい保健学を創造・実践する教育・研究者および高度医療専門職の育成も始まっており、学部および大学院教育を通して、高度な知識と技術をもった高度医療専門職や包括的かつ国際的な視野をもった研究者の養成まで一貫して行うことが可能になっています。