神戸大学医学部保健学科 専攻のご紹介

看護学専攻

看護学は、環境と相互作用しながら地域社会で生活する個人と家族、地域・国際社会を対象に、人間の尊厳、個別性を守りながら、人々の健康生活を包括的に支援し、ヘルスプロモーションhealth promotionを図るための実践科学です。

看護学専攻では、ひととしての成長と専門職者としての成長に必要となる諸科学ならびに看護学に関する高度な教育を提供します。そして、卓越した資質・力量を備えた看護専門職者を育成し、保健医療福祉などの幅広い分野の実践・教育・研究における活躍、地域・国際社会 への貢献をめざします。

看護学専攻のミッションmission(社会的使命)は次のとおりです。

  • ひととしての成長:たゆまぬひとへの関心をもとに、自己理解から他者理解へ、そして相互尊重と利他の精神を価値基盤に行動するひとを育てる。
  • 専門職者としての成長:現実世界を生きる人々(個・集団)を主体とし、その生活過程、および健康を取り巻く環境に焦点化した看護、ならびに生命の尊厳と倫理観に基づき、成長発達を促す看護を志向するひとを育てる。科学的・理論的思考に基づく看護実践能力と創造的探究心を育む。
  • 地域・国際社会への貢献:地域・国際社会における様々な健康課題に対して、迅速かつ継続的な意図的行動を通じて貢献するとともに、看護学における未来を志向できるひとを育てる。

看護学専攻が目指す教育の目標は次のとおりです。

  • 個人・家族・地域・国際社会を対象とし、ヘルスプロモーションをめざした看護を展開できる。
  • 科学的・論理的思考をもち、創造的探究心にもとづいた看護実践ができる
  • 保健医療チームにおいて協働し、看護の独自性が発揮できる
  • 研究の成果を看護実践に活用でき、研究への志向性をもつことができる。
  • 看護専門職者として生涯にわたり成長し続けることができる。

看護学専攻の教育課程は、「ひと」「生活」「環境」「ウェルビーイングwell‐being」を理解することを中核とし、「ケアリングcaring」「エコロジーecology」「ホリズムholism」の視座からこれらを有機的に統合できるように編成しています。そして、あらゆる「ひと」の「ヘルスプロモーション」を推進することを看護実践として位置づけ、これに必要な知識と技術、研究方法を修得できることが特徴です。

看護学専攻教育課程概念図
【看護学専攻教育課程概念図】

本教育課程の実施にあたって、学生の経験と自己決定性を重んじ、経験にもとづくリフレクションreflectionを促す教育、科学的・論理的思考にもとづいた看護実践に必要な批判的思考力を培う教育を実践します。そして、学生が、創造的探求心をもって主体的かつ能動的に学び、人々との相互作用の中で看護専門職者として成長できる教育をめざします。

教授 准教授 講師 助教
松田 宣子 西岡 笑子 小寺 さやか 三谷理恵
宮脇 郁子 中山 貴美子 中西 泰弘 齊藤奈緒
宇佐美 眞 上杉 裕子 福田 敦子 西元 康世
法橋 尚宏 千場 直美 細名 水生 坂元真由美
關戸 啓子   片山 恵 本田 順子
松尾 博哉   平谷 優子
高田 哲     藤本 浩一
齋藤 いずみ     清水 彩
塩谷 英之     岩崎 三佳
グライナー 智恵子     石井 美由紀
      戸田 まどか
      廣田 美里
      長尾 式子
      田中 春菜
      内村 利恵
      正垣 淳子