HOME > 保健学科の紹介 > 神戸大学医学部保健学科 専攻のご紹介

神戸大学医学部保健学科 専攻のご紹介

看護学専攻

看護学は、環境と相互作用しながら地域社会で生活する個人と家族、地域・国際社会を対象に、人間の尊厳、個別性を守りながら、人々の健康生活を包括的に支援し、ヘルスプロモーションを図るための実践科学です。

>>詳しくは看護学専攻へ

検査技術科学専

今や医療における臨床検査の役割は、まさに医療の中核的役割を担う1つの分野として位置付けてよく、新しい医療の展開でもあるチーム医療において、中心的な立場に立っています。

>>詳しくは検査技術科学専攻へ

理学療法学専攻

理学療法学専攻においては、既存の理学療法学を学び、科学的視点から思考する能力を養いながら、将来、科学的根拠に基づいた効果的な理学療法を実践し、創造できる専門家の育成を使命としています。

>>詳しくは理学療法学専攻へ

作業療法学専

我が国の医療・保健・福祉施策は、世界の情勢に伴って、個々の人権の尊重と自立支援という方向に変化しています。作業療法士は、これらの分野において活躍が期待されています。

>>詳しくは作業療法学専攻へ

医療基礎学講座

医学基礎学講座の教員は、上記4専攻の授業だけでなく、全学部を対象とした全学共通授業科目の授業も担当しています。

>>詳しくは医療基礎学講座へ